書籍情報


Products

紅霞後宮物語 第四幕

――このままでは終わらせない。小玉、誓いの戦い

明慧の葬儀も終わり、無情にも日常が戻ってきた。悲しみの冬が過ぎ、春が訪れようとする頃、文林は一冊の帳簿を小玉に示す。帳簿に不自然に出てくる「維山」という地名。それが鄒王の死、さらには明慧の死につながるものだと見た文林は、現地調査を小玉に託す。
 小玉は皇后の行啓として維山に向かい、維山に入ると陳校尉として調査を開始するのだが、街の様子に違和感を感じて――?
 ――このままでは終わらせない。終わらせてなるものか。関小玉、伝説に残る覚悟の戦い。

  • 【定価】 本体600円+税
  • 【発売日】
  • 【サイズ】 A6判
  • 【ページ数】 256
  • 【ISBN】 9784040709369

購入はこちら

「紅霞後宮物語」シリーズ

この著者の作品

PAGETOP