書籍情報


Products

鎌倉お寺ごはん あじさい亭の典座さん

仏さまの教えと精進料理が、「さよなら」の涙に寄り添います。

 退職したばかりの元営業・空也は、精進料亭“あじさい亭”で雇ってもらうために鎌倉へやって来た。
 しかし店主である僧侶・蓮沼竜玄は拒否! ついには、椎茸干しに集中して相づちさえされなくなる。取り繕った理由を話していた空也も、つい言わないつもりだった、この店でなければいけない本当の理由を口にしてしまう。
「このまえ大好きだったばあちゃんが死んだ。堪らなくて、なのに出てきた精進料理が旨くて。味は違うのにばあちゃんの味を思い出した――」
 空也の独白に竜玄は……?

  • 【定価】 本体640円+税
  • 【発売日】
  • 【サイズ】 文庫判
  • 【ページ数】 288
  • 【ISBN】 9784040732527

購入はこちら

もくじ

プロローグ
第一話 松風豆腐の上の涙
第二話 碧い目に映る胡麻豆腐
第三話 思い出の卯の花炒め
第四話 煮びたしの勇気、うどんの音
エピローグ

この著者の作品

PAGETOP