特集


Special



お知らせ


あらすじ

いつかは女性初の(くす)()になる——薬草が大好きでそう志していたものの、
『暁の下家』の姫として入内することになった()(ふる)

帝に嫌われ無事円満離縁を目指した彼女は、なんと(にん)(にく)を丸かじり。

「入内後の目的はひとつ。絶対に帝に選ばれないこと」
「自信満々で情けないこと言わないでくださいな……」


掌侍や典侍を困らせるが、マイペースな彼女はお構いなしだった。

そんな暁下姫・千古を待ち受けていたのは、『雷雲帝』と呼ばれる帝と、
后候補である『四家』の
姫様たち。
千古薬草を駆使し皆を驚かせるが、それが発端で権力争いに巻き込まれ——!?

薬師を志す姫君の“皇后を目指さない”平安宮廷ファンタジー開宴!




きょうかひめ・ちふる

暁下姫・千古

下級貴族の生まれだが、急遽入内することになった。
薬師を志し、本心では皇后とならず円満離縁を目論んでいる。
野山を駆け巡り、薬草を摘むのが趣味。


みかど・さだあき

帝・貞顕

先帝やその子息が病で亡くなったため
田舎から都へ呼ばれ、急遽帝となった。
次なる東宮が決まるまでの、穴塞ぎの帝ということで、大臣たちも蔑んでいる。


なりこないしのじょう

成子掌侍

千古の女官。幼馴染み。
いつだって千古の無茶を食い止めるのに全力。


命婦

帝のお気に入りの猫。残念ながら帝にはあまり懐いていないようだ。


あきなが

秋長

千古の幼馴染みで、典侍の息子。
何でもこなす、そつのない男。
千古を追って内裏入りした。


ないしのすけ

典侍

千古の乳母であり、彼女を皇后にすべく奮闘する教育係。
まるで鬼教官。



しょうじょうひめ・ほたるび

宵上姫・蛍火

艶めかしく大人の色気を放つ美女。
謎が多く捕らえどころがない。


しょうかひめ・ほしやど

宵下姫・星宿

めっぽう気が強く、優等生気質。
千古に嫌がらせばかり仕向ける。


きょうじょうひめ・ありあけ

暁上姫・有明

四人の中で最も幼い。
口数が少なく恥ずかしがり屋。






薬師を志しながらなぜか入内することになってしまった暁下姫。有力貴族四家の姫君が揃い、若き帝を巡る女たちの闘いの火蓋が切られた……のだが、暁下姫が宮廷内の健康法に口出ししたことが思わぬ闇をあぶり出し?

購入はこちら


離縁を目指していたはずなのに正后になっていた暁下姫。鄙の地で鬼が跋扈し、村が忽然と消えたという報告を耳にする。本当に村は消えたのか、村人はどこにいるのか、そしてこれは誰の思惑か。帝と暁下姫が鬼を討つ!

購入はこちら


成子掌侍と帝が陰で逢瀬を重ねていると知り、一人拗ねていた暁下姫・千古は、都鼠による火災の噂を聞きつける。坊主に変装し調査へ乗り出す千古だが、その頃自身に入れ替わった成子には鼠の陰が忍び寄っていた――。

購入はこちら




PAGETOP