書籍情報


Products

稀色の仮面後宮 海神の贄姫は謎に挑む

抜群の記憶力をもつ珠蘭。望みは謎を明かして兄を助け、後宮を去ることーー

◆──◆魔法のiらんど大賞2020<ファンタジー・歴史小説部門>特別賞受賞作品◆──◆

 特別に記憶力の良い瞳をもつ董珠蘭(とうしゅらん)は、海神の贄姫として孤独に過ごしていた。そんな彼女の元にやってきたのが謎の青年・劉帆(りゅうほ)だった。
 彼女は窮地にある兄を解放する条件として、劉帆に連れられ、国の中心・霞正城(かしょうじょう)に。そして後宮の不穏を珠蘭の瞳で探るよう命じられる。
 人との触れあいに戸惑いながらも、珠蘭は誠実に向き合い、後宮の盗難事件や呪いの宮の謎に挑んでいく。その姿がしだいに劉帆や妃たちの心をも変化させ、信頼を勝ち得ていくがーー?
 全ての謎の行き着く先は、触れてはならないこの国の根幹に関わる秘密だった。

◆──◆登場人物紹介◆──◆
◇董珠蘭(とう しゅらん)
特別な記憶力をもつが、孤独な贄だった。兄を解放する条件として、後宮の不穏をその瞳で探ることになり――?

◇楊劉帆(よう りゅうほ)
兄を解放する条件で、珠蘭に後宮に赴くことを提案した美青年。次第に珠蘭に心を動かされて……?

◇董海真(とう かいしん)
珠蘭の兄。孤独な珠蘭を唯一気にかけてくれた肉親。学問の才があり期待されていたが、三年前に失踪していた。

  • 【定価】726円(本体660円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】 文庫判
  • 【ページ数】 288
  • 【ISBN】 9784040745343

購入はこちら

プロモーションPV

作品紹介PV

もくじ

目次
 第一章 枯緑の娘
 第二章 恋色なき園で
 第三章 不死帝の黒罪
 第四章 寵愛の末路

登場人物紹介

董珠蘭(とう しゅらん)

特別な記憶力をもつが、孤独な贄だった。兄を解放する条件として、後宮の不穏をその瞳で探ることになり――?

楊劉帆(よう りゅうほ)

兄を解放する条件で、珠蘭に後宮に赴くことを提案した美青年。次第に珠蘭に心を動かされて……?

董海真(とう かいしん)

珠蘭の兄。孤独な珠蘭を唯一気にかけてくれた肉親。学問の才があり期待されていたが、三年前に失踪していた。

魔法のiらんど大賞2020 小説大賞<ファンタジー・歴史小説 特別賞>受賞作


魔法のiらんどコンテスト ファンタジー・歴史小説部門 特別賞受賞作品

▼特設ページ
https://maho.jp/special/entry/mahoaward/result/

▼作品ページ
https://maho.jp/works/15591074771453562900

作品紹介







著者紹介

松藤かるり
2015年より、WEBで作品投稿を開始。
2021年、魔法のiらんどコンテストファンタジー・歴史小説部門特別賞のほか2つの賞を立て続けに受賞。それらの作品は、謎と魅力あふれるストーリー展開で読者を引きつけてやまない。
なお本作は、魔法のiらんどコンテストで奨励賞を受賞した『稀色の仮面後宮 ―毒花の園 不死帝の罪―』を改稿のうえ上梓したものである。


この著者の作品

PAGETOP