特集


Special

鮮やかな受賞作、3作品をご紹介!!

応募総数375作品の中から選ばれた、

受賞作3作品を刊行いたします。

色とりどりの個性が光る、

良質な物語ばかりです。

ぜひお気に入りを見つけてください!

ここは墨田区向島、お江戸博士の謎解き日和〜 ここは墨田区向島、お江戸博士の謎解き日和



誰もがきっと、家族を想い涙する——下町の人情謎解き物語。

素朴で粋な町・墨田区向島。亡き祖母と共に暮らしたこの町で、
女子大生・祐里は殺人事件に巻き込まれそうになっていた!?
――というのは誤解で、祐里は祖母の貸家で行き倒れた住人・桜介を発見。
歴史ライターだが仕事もなければ金もない。
そこで桜介から、家賃代わりに手助けできる事は無いかと持ちかけられたのだ。
祐里が思いだしたのは離れに置かれた形見の箱。
その離れには〝喋る幽霊〟が現れるため、確かめられずにいた。
〝お江戸博士〟こと桜介の知識と祐里の負けん気を頼みに、下町の謎に挑むが――!?

担当者手描きコメント

▲担当者手描きコメント



紅茶館に転職したら、裏稼業が祓い屋でした。 紅茶館に転職したら、裏稼業が祓い屋でした。



転職先は表向きは本格的な紅茶館。裏の顔は心霊現象よろず解決処!

新卒で入社した会社を半年で退職し、転職活動中の鈴音。
偶然入った紅茶館で働けることになったけれど、出社早々、本業は除霊や退魔だと知らされる。
戸惑う鈴音は、さらに「あなた、誰かに呪われたわね」と言われ!?

担当者手描きコメント

▲担当者手描きコメント



龍に恋う 龍に恋う



生贄の少女は幸せな居場所に出会う。

寒空の帝都に放り出されてしまった珠。窮地を救ってくれたのは、不思議な髪色をした男・銀市だった。
珠はしばらく従業員として置いてもらうことに。
しかし彼の店は特殊で……。秘密を抱える二人のせつなく温かい物語。

担当者手描きコメント

▲担当者手描きコメント


PAGETOP