書籍情報


Products

見習い巫女と不良神主が、世界を救うとか救わないとか。

仮そめの巫女となり、神剣で災いを封じよ――。

◆◇◆◇◆謎の美青年・神威との出会いから、お守りの“鳴らない鈴”が警告の音を響かせ…? 少女・世莉の運命が巡る!◆◇◆◇◆

 世莉(せり)の高校に転校してきた美青年・御巫神威(みかなぎ かむい)。彼に憧れる女子生徒が多い中、世莉だけは違和感を覚える。銀髪なんて怖い……。
 しかし、友人は彼を黒髪だと言い、お守り代わりの"鳴らない鈴"は警告するように鳴り響く。
 その神威が世莉の暮らす神社に現れた夜。ご神体として祀られていた剣の鞘が、事故で世莉の身体に同化してしまう!
 実は神々を鎮める"神主"だという神威。剣と共鳴する世莉は、その力を狙う者から保護されるかわりに、神威が求める神剣のカケラ"玉鋼(たまはがね)"集めに協力することに――。

【少女・世莉は仮そめの巫女となり、神話の剣と運命を見出す!】

  • 【定価】 本体660円+税
  • 【発売日】
  • 【サイズ】 文庫判
  • 【ページ数】 320
  • 【ISBN】 9784040739090

購入はこちら

もくじ

0.これが天罰だとか、違うとか。
1.これが運命の出会いだとか、絶対に違うとか。
2.鈴が鳴るとか、鳴らないとか。
3.巫女になるとか、ならないとか。
4.鍛師に会えたとか、会わなくてもよかったとか。
5.出雲大社の謎解きをするとか、しないとか。
6.ハバキリの欠片を探すとか、探さないとか。
7.潜入捜査をするとか、しないとか。
8.〇〇が出るとか、出ないとか。
9.修行をするとか、しないとか。
10.鬼が出るか、蛇が出るか。
11.まだ続くとか、続かないとか。

この著者の作品

PAGETOP