特集


Special


お知らせ


紅霞後宮物語とは

関小玉、33歳。
最強の軍人と噂される彼女は、
「とある事情」から、
かつての相棒にして今はこの国の皇帝である文林の懇願を受け、 ある日突然、皇后となった。

いきなり夫婦となった文林との関係に戸惑いつつも、 小玉は持ち前の前向きさと大雑把さを武器に、
女性の嫉妬と欲望が渦巻く後宮「紅霞宮」に入る。

他の妃たちの嫌がらせにも気づかぬ小玉のマイペースさに、後宮はまさに大混乱!

だが、その混乱は後宮に潜む”闇”をも目覚めさせてしまい……。

選考委員絶賛の
あまりに型破りな後宮物語、ここに開幕——。

 



かんしょうぎょく

関小玉

33歳、軍人皇后。
庶民階級出身ながら叩き上げで将軍位まで昇りつめた後、不本意ながら後宮に入ることになる。
軍人時代は現皇帝・文林の上官であり、よき相棒だった。
軍人としての剛胆さと持ち前のマイペース振りで、後宮に混乱を巻き起こす。


ぶんりん

文 林

皇族では傍系の出身ながら、皇族たちのつぶし合いの果てに皇帝の座に就いた。
出自ゆえに敵も多く、地位を狙われることも多く、いつも張り詰めている。
出身階級と性別のためこれ以上出世できない名将・小玉の才を惜しみ(個人的感情含む)、後宮入りを画策する。




書き下ろしSSを読む

書き下ろしSS其ノ二を読む




女性ながら最強の軍人として名を馳せていた小玉。だが、何の因果か、30歳を過ぎても独身だった彼女が皇后に選ばれ、女の嫉妬と欲望渦巻く後宮「紅霞宮」に入ることになり――!? 第二回ラノベ文芸賞金賞受賞作。

購入はこちら


先帝の遺児、出現――。突然帝国に投げ入れられた火種に、宮中は大混乱! 様々な思惑が渦巻く中、なぜか静観する皇帝・文林。そんな中、小玉は文林失脚に備え、彼と鴻を連れて後宮から逃げる準備をはじめていて!?

購入はこちら


文林が謝充媛のもとに足繁く通うようになった。「文林に新たな出会いをあげよう計画」が成功したと喜ぶ小玉だったが、後宮内は微妙な空気に……。そこで小玉は二人のもとに自ら赴き、ある決意を表明する――!?

購入はこちら


小玉に差し出された帳簿に不自然に出てくる「維山」という地名。それが鄒王の死、さらには明慧の死に繋がるものと見た文林は、小玉に直接調査を託す。陳校尉として彼の地に乗り込んだ小玉が目にしたものとは――!?

購入はこちら


湖西の騒動は収まったものの、事後処理に追われる文林。疲れを癒やしてくれるのは小玉……と思ったら、小玉に不義疑惑が浮上! 司馬淑妃の父・司馬尚書の謀略か? 文林と小玉の関係も否応なしに動き出し――!?

購入はこちら


寛への使者に選ばれたのは、小玉ではなく班将軍だった。小玉に名誉を与えたいと思う反面、戦場という死地へ送ることに躊躇いを覚えはじめた文林。一方の小玉も、自分らしくないと感じつつも心を持て余していて――。

購入はこちら


寛と康、二国との戦いを強いられることになった小玉は、元寛の武官であった樹華と共に戦場で開戦を待っていた。一方宸では小玉の無事を祈る真桂らとは別に、雅媛、梅花、そして司馬淑妃が動き出そうとしていて――。

購入はこちら


怪我に倒れた小玉に代わり、戦場では賢恭が軍を率いていた。宸にも小玉の負傷、樹華の訃報が届き、後宮は揺れる。文林の命により自身の失態の原因を突き止めようとした梅花は、さらなる闇に真実を見つけてしまい――

購入はこちら


敵対する司馬氏は消えたが、梅花がいなくなったことで後宮の規律は乱れ、小玉の負担は増大していた。真桂と紅燕が小玉を支えるが、反小玉の動きを見せる妃嬪も出てきている。そんな中、鳳に関するある噂が届き――?

購入はこちら


関小玉。希代の天才と呼ばれた軍人であり、後に神格化された皇后である。しかし、後宮に入る以前の彼女の記録は少ない。どのように生きて軍人となり、皇帝と出逢ったのか。彼女の伝説のはじまりを語るとしよう――

購入はこちら


軍人として覚悟を決めた小玉は、異例の速度で昇進し、二十歳にして校尉となっていた。そんな小玉のもとに、眉目秀麗にして武科挙に合格した英才が配属される。三歳年下のその男・文林は、何かと小玉と衝突して――?

購入はこちら


異動、昇進、出征と、小玉の環境は目まぐるしく変化していく。さらに兄の死、初恋の人との再会……。そんな中、指揮官と副官として小玉と文林の関係は良好になっていた。しかし、予想外の事故が起こってしまい――?

購入はこちら


PAGETOP